SCARZ

Professional esports team

Live Now

    【FIFA】eJリーグチャレンジカップ -結果報告-

    4月10日、11日の2日間に渡って開催されたFIFA20『eJリーグ オンラインチャレンジカップ』の大会出場結果を此処にご報告致します。

    eJリーグ オンラインチャレンジカップは、2020明治安田生命Jリーグと2020Jリーグ YBC ルヴァンカップの開催延期を受けて、Jリーグがエレクトロニック・アーツ社の『EA SPORTSTM FIFA20』を使用したeスポーツイベントとして開催が行われました。

    SCARZからは下記2選手が予選を勝ち抜きチーム代表として出場致しました。
    ❏川崎フロンターレ代表 Jay選手(@SZJay7)
    ❏鹿島アントラーズ代表 fantom選手(@SZfantom)

    eJリーグ公式

    同サイドでスタートしたfantom・Jayの両選手ですが、準決勝で因縁のSCARZ対決が実現致しました…。

    双方譲らずの前後半、幾度と無くチャンスを創りながらも決定機を逃し、試合は延長戦へ。

    延長戦はゴールデンゴール方式(先制した時点で決着)を採用。

    1点の重みが増し、2人の緊張感も1秒1秒増していく中勝負を決めたのは…

    延長前半23分、Jay選手の操る川崎フロンターレの小林悠選手が左サイドからゴール前に鋭く切り込む中村憲剛選手のパスに合わせてのシュート!

    熾烈な争いを制し、決勝へと駒へ進めました。

    決勝の相手は、ジュビロ磐田代表のにょにょ選手。
    優勝候補の一角である鹿島アントラーズ代表のナスリ選手を制した勢いで、松本山雅代表のアグ選手を大逆転劇で打ち破り、快進撃で決勝へと駒を進めました。

    決勝戦はにょにょ選手の勢いを維持したファーストシュートを決められ先制点を許したものの、解説も認める「おしゃれなパスからのおしゃれなゴール」で流れを掴み、3-1での大逆転勝利!!

    中村憲剛選手もJay選手がゴールを決めた際に「うぉーーーーー!俺決めたーーーーーー!」と興奮の応援ツイートをしてくれるなどesports界隈だけでなくサッカー界隈も非常に盛り上がる結果となりました。

    Jay選手

    eJリーグオンラインチャレンジカップを優勝することができて、とても嬉しいです。
    初めてのeJリーグ出場でJクラブ、それも自分の好きな川崎フロンターレを背負って戦えたことで今までにないモチベーションで臨めた大会でした。
    チーム、選手、サポーターの方も応援してくださり夢のような時間でした。
    また機会があれば嬉しいですし、これからも頑張っていきたいと思います。

    各チームや選手、サポーター、ファンの皆様が放送でのコメントやTwitterなど様々な方法で大会を盛り上げてくださいました。
    大会運営の皆様も勿論、全ての皆様にこの場をお借りして改めて御礼申し上げます。

    Jay選手の優勝時インタビューのように『もっとFIFAとJリーグを盛り上げていけるよう』今後も邁進してまいります。
    引き続き、SCARZ FIFA部門への温かいご支援、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。