SCARZ

Professional esports team

Live Now

    【FIFA】FUT Champions Cup Stage Ⅳ Qualifier -結果報告-

    1月25、26日の2日間にかけて開催された『FIFA20 Global Series(FGS) FUT Champions Cup Stage Ⅳ Qualifier』。

    SCARZ FIFA部門所属のfantom選手が本大会のXbox部門の予選に出場し、自身も約2年半振りとなる世界大会出場の快挙を達成致しました。


    今回fantom選手は前日からゲーミングハウス入りをして、翌日の試合に向けてのセッティングなど入念な準備を重ね、今回の大会に向けての気の入れようを感じさせてくれていました。

    予選初日となる25日の『APAC XB1 SWISS BRACKET』はRound5までの全5試合の総計で翌2日目への進出者が決定する方式です。

    得点の取り合いを繰り広げるゲーム展開が多かったものの、平均3.2点の安定したフォーメーションでの攻勢が巧く作用し、唯一の予選5戦全勝で2日目への進出を決定致しました。

    対する予選2日目はダブルイリミネーション方式のトーナメントとなり、前日トップ通過のfantom選手はRound1のシード権を持ちRound2からの出場となりました。

    前日の勢いをそのままに臨みたかった初戦ですが、対戦相手とのリズムが上手く噛み合わず、1-4で敗北を喫しまさかのLosers Bracketへの移行となってしまいました。

    しかし、そこで落ち着きを取り戻したのかLB Round3からは堅守を軸に決定的なチャンスを獲得しLB Round5までを順調に勝ち進み、見事Losers Final(LB Round6)への進出を果たします。

    迎えたLosers Final…
    この対戦で勝利した選手がParisで行われる世界大会への出場権を手にします。

    2試合の総合計で最終的なスコアが決まる手に汗握るLosers Final。
    1試合目は緊張感の中相手に上手く試合展開を運ばれ0-1の僅差で敗れ、後がなくなった2戦目に賭けることに。

    fantom選手自身も試合後に『自分でも自信をもって上手く決めることができた』と語ってくれた2試合目の先制点で流れを一気に掴み、後半終了間際に決勝点となる2点目を決め、合計2-1でLosers Finalを制し、自身4回目となる約2年半ぶり世界大会出場を勝ち取りました。

    FUT Champions Cup StageⅣ Qualifier -Battlefy-

    2月21日~23日に開催されるFUT Champions Cup本戦に向けて、そしてその先にFIFA eWorld Cupを見据えて、fantom選手の挑戦は続きます。

    次大会の詳細等は改めて公式HP及び公式Twitter等で告知致します。
    引き続き、SCARZ FIFA部門への温かいご支援、ご声援の程宜しくお願い申し上げます。