SCARZ

Professional esports team

Live Now

    【Apex Legends】RAGE ASIA 2020 -結果報告-

    8月29、30日に開催された「RAGE ASIA 2020」のApex Legends 部門の参戦結果をご報告致します。

    ©RAGE

    日本、中国、韓国から合計20チームが集った『RAGE ASIA 2020』。
    アジア地域のNo.1を決める大舞台にSCARZ Apex Legends部門よりBlack/Whiteの両チームが参戦致しました。

    まず初戦で魅せたのがSCARZ White。
    Lejetta、Otogi、STEEEALの3名が序盤から積極的に仕掛けキルポイントを重ねていく怒涛のムーブを繰り広げ、中盤以降はポジションを固めて上位をキープする動きが刺さり、韓国代表のT1との一騎打ちに。
    最後のポジションの優位差を覆せず惜しくも2位でしたがキル数は1位のT1と同率の18キルを獲得し、27pts.の2位と大きくリードを広げる好スタート。

    続く2戦目も目立ったポイントは無いなかでも着実に戦闘をこなし、再び2位に付け1位と2pts.差の18pts.を獲得。
    総合1位かつ、個人キル数で1位(Lejetta)、2位(STEEEAL)の位置を獲得します。

    3戦目は2チームとも上位に付けることができませんでしたが、3戦目終了時点でSCARZ WhiteがT1と並ぶ総合首位をキープ。

    4戦目から眠れる獅子が目を遂に目を覚ましました。
    3戦目まで耐えるシーンが多く中々ポイントを稼ぐことができていなかったSCARZ Black。
    Whiteが序盤で崩れてしまう波乱の中、大きくキルポイントを稼ぎ、最終局面も上手く状況をコントロールして4部隊を勝ち残り見事Championを獲得。
    総合3位に大きく順位を伸ばします。

    首位のT1と9pts.差となるSCARZ White、高ポイントで再びChampionを獲得すれば優勝まで手が届くSCARZ Black。
    最後の試合に全てが託されます。

    全てを賭けた最終5Round目、序盤から全チームがポイントを稼ぐため積極的に戦闘を仕掛ける中、まさかのBlack/Whiteの同門対決が勃発…。

    優勝を賭けた対決はSCARZ Blackに軍配が上がり、残る結果はT1との直接対決に…。

    ©RAGE

    見事戦いを制し、SCARZ Blackが2連続Championを獲得しました!!

    《総合順位》
    ❏SCARZ White 総合2位 39kill 62pts.
    ❏SCARZ Black  総合3位 23kill 54pts.

    RAGEという大きな舞台で、スポンサーであるLegionを冠し好順位を残せたことを大変嬉しく思います。

    次なるApex Legends Summer Curcuit Playoffsに向けてチーム一同邁進して参ります。
    引き続き、SCARZ Apex Legends部門への温かいご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。