SCARZ Burning Core所属 Dara 選手兼コーチが、現役を引退する決意表明をされましたのでお知らせ致します。

 

日本LoLのプロシーンが本格開催された翌年、2015年5月より単身日本に渡りLJLに参戦。

『LJL 2015 Season 2』では1位、『LJL 2015 Grand Finals』では惜しくも2位となるも、1シーズンでSupportのトップ選手として輝かしい経歴をスタートいたしました。

『LJL 2016 Summer playoffs』『LJL 2017 Spring Playoffs 』『LJL 2017 Summer Playoffs』にて1位となり、名実共にLJL No.1 Supportとして活躍をしておりました。

また『2017 Mid-Season Invitational』『2017 World Championship』にも参戦し、世界の強豪チームとの試合も経験した数少ないLJL選手の一人です。

 

2017年12月にはLJL一部の日本一のチームからLJLCSチームBurnig Coreへコーチ兼選手として移籍し、SCARZ Burning Coreの一員として『2017 LJLCS Spring Sprit』を戦い抜き、
SCARZ Burning CoreをLJL一部へと押し上げた原動力として活躍してくれました。

 

LOLの強さや上手さだけでなく、日本語や日本文化を学ぼうとする姿勢、チームメイトへのケアやアドバイス、そして何よりもファンの皆様を大切にする心を持ち「Daraママ」と親しみを込めて呼んで頂けるほどに愛された選手です。

『2016 International Wildcard All-Star』ではSupportのファン投票の首位に立ち、日本代表に選出していただけた事が何よりの愛された証拠であると思います。

 

Dara選手が日本に来たときは、LJLでプレイをする韓国人選手が多くありませんでした。
それが今では、各チームに1人は韓国人選手が所属し、生まれ育った環境と違う中で懸命にプレイをされております。

LJLでプレイをする韓国人選手の第一人者として、道を拓き現在まで活動をされてきました。

そんなDara選手が、選手生活に終止符を打つ決断をされました。

 

この結論に至るまでには非常に多くの葛藤があったことでしょう。

我々には推し量ることも出来ないような、とても大きな重要な決断だと思います。

もっとDara選手のプレイを見たい、活躍を楽しみにしているという思いはファンの皆様だけでなく、私達チームの関係者にもございますが、
Dara選手の決断を受け入れ、笑顔で「Dara選手お疲れ様でした」と伝えたいと思います。

これから先、LJLがどれだけ続こうともDara選手の名前は必ず語り継がれることでしょう。

 

レジェンドプレイヤーDara選手、そして誰からも愛されたDaraママ、「今まで本当にありがとう」。