5月4日(金・祝)に日本サッカーミュージアム 1F ヴァーチャルスタジアムにて『明治安田生命eJ.LEAGUE』決勝ラウンドが開催され、
SCARZ-FIFA部門所属、予選通過枠としてJ1クラブ「浦和レッズ」代表で出場しました かーる 選手が、明治安田生命eJ.LEAGUE初代王者に輝きました!

 

かーる選手は優勝したことにより、5月28日~6月3日にオランダ・アムステルダムにて開催される『EA SPORTSTM FIFA 18 Global Series Playoffs』に出場いたします。


 

かーる選手は1回戦に同じくオンライン予選を通過した「セレッソ大阪」オラ選手、2回戦には日本eスポーツにおけるFIFA第一人者といっても過言ではないJ1推薦枠「鹿島アントラーズ」にて出場したマイキー選手を打ち破り準決勝へと進出します。

準決勝の相手は、「川崎フロンターレ」ナスリ選手。前評判も良く、当日は強豪選手を圧倒し勝ち抜いてきたことから、調子も非常に良いことが伺え厳しい戦いが予想されました。
また、かーる選手は「ナスリ選手が私個人の考えでは一番上手いのではないか」ともコメントしており、非常に注目していた選手との対戦カードとなりました。

結果はPKを獲得しリードを守りきり2-1にて、かーる選手の勝利となりました。

 

決勝戦の相手は、『明治安田生命eJ.LEAGUE』のJ1推薦選手が発表された時に、非常に話題となった「サガン鳥栖」アヤックス・ボブ選手

ボブ選手は、サッカー選手を目指しアヤックスのユースチームに所属していた経験があり、現在はeスポーツプレイヤーとしてアヤックスの選手として活躍されております。

実際にサッカーをプレイされていた方がサッカーゲームをプレイすることによって戦略に違いが生じ、新たな面白いゲームプレイが見れることでしょう。

アヤックス・ボブ選手は準決勝までの戦いを圧倒的な強さで突破しており、かーる選手は「海外選手に対し、苦手意識を持ち合わせていた」とコメントしているように、ボブ選手の優勢か?と思われた試合でしたが、蓋をあけてみると、かーる選手がアヤックス・ボブ選手を一歩も寄せ付けない戦いを見せつけ2-0にて勝利しました。

 


今回の大会はJリーグがeスポーツに初参入した非常に大きな大会となりました。

「eスポーツを通じ、実際のサッカーやスポーツに関心を持つ方が増え、サッカーの楽しみを多くの方々に触れていただきたい」という思いから開催に至ったとコメントをされております。

このような大会で、SCARZ-FIFA部門所属選手のかーる選手が優勝できた事は非常に嬉しく思っておりますし、アムステルダムでもJリーグの思いを背負い戦っていかねばと、更に見が引き締まる思いです。

かーる選手、優勝おめでとう!応援して下さった浦和レッズ、ファンの皆様ありがとうございました!