SCARZ

Professional esports team

Live Now

    【SZ Family】KSUKE【Special Ambassador】

    日本の音楽シーンを牽引する有名プロデューサーがSCARZのスペシャルアンバサダーに就任!!

    KSUKE×SCARZ

    日本代表として数多くの選手を輩出するProfessional e-sports teamチーム「SCARZ」のアンバサダーにKSUKEが就任!
    SCARZの Official Supporters’ Song としてKSUKEの新曲K.O.T.B. (feat. Rhett Fisher)
    SCARZ日本代表チームがコラボレーションしたMVが公開!!

    KSUKE – K.O.T.B. (feat. Rhett Fisher)

    KSUKE – K.O.T.B. (feat. Rhett Fisher) は各ダウンロード/ストリーミング配信サービスで配信中!
    https://ksuke.lnk.to/YN_NLBtw

    日本代表として数多くのe-Sports選手を輩出するチーム「SCARZ」のアンバサダーに就任しました!
    彼らが闘う時、そこにはいつも僕のプロデュースしたテーマソング「KSUKE / K.O.T.B. (feat. Rhett Fisher)」が一緒です。
    僕も全力で彼らを応援してます!!がんばれ SCARZ!!!  -KSUKE

    日本を代表する音楽プロデューサー。
    2015年3月に Warner Music Japan International と専属契約。自身のオリジナル作品の他、国内外アーティスト達のリミックスワークも多数手掛ける。

    オリジナルでは、1st アルバム「SPACE SHOUT」、EP「WEIGHTLESS」「Young Nights」他、代表作となったヒットシングルに「Breathe Again」、「POOL」、「Favorite Mistake」、「Nothing but you」がある。

    「Breathe Again」では韓国の人気グループ f(x) のAmber をゲストVocal に迎え、Youtube 再生回数が1ヶ月で100 万View 突破という記録を樹立。 また、世界最大の音楽ストリーミングサービス “Spotify” において、当楽曲がドイツの人気プレイリストに選曲されている。これを皮切りにヨーロッパでの人気も高まり、次いでアジア、南米、US までワールドワイドに楽曲がプレイされた。現在ではSpotifyを始め全ストリーミング楽曲再生回数300万回以上を突破する人気を博している。
    2019年に発表した最新EP「Young Nights」では、「Nothing but you」が1年間に渡り軽井沢・プリンスショッピングプラザ TV CMソングに起用され注目を集める。

    プロデュース・ワークでは、Major Lazer の世界的ヒット曲「Lean On」Ksuke Remix を始め、AGNEZ MO「Overdose ft. Chris Brown」 Ksuke Remixを権威あるUSレーベル「300 Entertainment」からリリースしたことが話題になった。

    他にもバンドからアイドルの楽曲まで(MAN WITH A MISSION、平井堅、CROSS FAITH、清水翔太、チームしゃちほこ、RiRi 等)幅広く手掛けている。

    また、日本のロックバンド・マキシマム ザ ホルモンによるフランチャイズ企画から2019年に結成されたコロナナモレモモ (マキシマム ザ ホルモン 2号店)の第5のパート(DJ)として DJ DANGER×DEER名義でリミキサーとして参加し1stシングル「恋のメガラバ / 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ」をリリース。オリコン初登場4位、Youtube再生回数はわずか2ヶ月で360万回以上を突破するなど日本音楽シーンのトップバンドに駆け上がった。

    活動はプロデューサーとしてのみならず、DJ としてもDJMAG JAPAN によるランキングにおいて総合1位を獲得し、その地位を確立している。

    世界のスター級DJ のみが登壇を許される夢の舞台 “ULTRA MUSIC FESTIVAL” への各国出演。ナイトクラブの聖地アメリカ・ラスベガスに君臨する世界最高峰ブース、XS NightClub、LightNightClub、HAKKASANといった超一流現場での実績。ユニバーサルスタジオジャパン・カウントダウンイベントへの4年連続出演。そして国内はもとより、アジア各国のビッグクラブにヘッドライナーとして招かれるなど、ワールドクラスの日本人DJ として代表的な存在となっている。



    He’s been given the stamp approval to appear on various stages for “ULTRA MUSIC FESTIVAL” alongside world class stars. In the holy land of night clubs, Las Vegas, he’s rocked the dance floor of the prestigious clubs of XS NightClub, Light NightClub, and HAKKASAN.

    A first for a Japanese DJ, he has been plastered over the news continuously and getting the attention of the fans. This, is the borderless Japanese DJ – KSUKE. The news of the record breaking DJ has spread overseas, and his popularity has exploded especially in the Asian territories.

    2016 – DJMAG JAPAN in their first ever DJ ranking placed KSUKE at #1. This was the result of different aspects such as votes from the Japanese public, international activities, and product releases. It portrayed the result of his past few years of DJing internationally, and building his career.
    KSUKE, with his charisma, is also collecting attention as a fashionista. At “VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2016” he was the only male icon to be recognized, and caught the attention of media.

    Of course, his career as a music producer is being built continuously as well. He signed to the international label at Warner Music Japan in March 2015 and has released his first original album worldwide. He worked on the remix for Major Lazer’s international hit song “Lean On.”

    Domestically, he has worked with a wide range of artists from bands to idols such as MAN WITH A MISSION, Ken Hirai, CROSS FAITH, Shota Shimizu and Team Syachihoko. Each track has received raving reviews.

    Recently, his original track “BREATHE AGAIN” welcomed Korea’s popular group f(x)’s Amber as a guest vocal and recorded a million views on YouTube in one month and lit his popularity in the Asian countries.

    As a Japanese DJ, and as an Asian DJ –
    you cannot take your eyes off KSUKE who makes our hearts beat faster with his music.