SCARZ logo

FIFA部門に所属するJay選手との契約を満了を致しましたことを此処にご報告致します。

 

 

Jay選手は川崎フロンターレ推薦選手としてeJ.LEAGUE優勝、また、今年のFIFA 21 Global seriesではeWorld Cupへの出場権を獲得するなど、国内トップの選手として大会だけでなく様々なメディアでも活躍しておりました。

この度、Jay選手のもっと活躍したいという高いモチベーション維持の為、本人の意向を受けチームとして同意致しました。

今までの貢献に改めて感謝申し上げると共に、今後の成功及びご活躍を祈念致します。

 

Jay選手よりコメント

「本日をもちまして、SCARZを脱退することになりました。 2年間貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。応援してくださったファンの皆様、支えてくださったSCARZのスタッフ様には大変感謝しております。 これからもSCARZの益々のご発展をお祈り申し上げます。」

 


 

《主な大会成績》

 

今後とも、FIFA部門への温かいご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

6月5日、6日の2日間にかけて開催された『FIFA 21 Global Series East Asia Qualifier Playoffs』。

 

FIFA21部門所属のJay選手が本大会に出場し、自身初となるFIFA eWorld Cup出場権獲得の快挙を達成致しました。

 

 


Jay選手は、今年1月24日に開催された『FIFA 21 グローバルシリーズ eJリーグ Powered by ひかりTV』の「クラブチャンピオンカップ」で優勝を果たし、「FIFA 21 グローバルシリーズ東アジア地区プレーオフ」の出場権を獲得。

大会の3日前からSCARZオフィスで練習するなど入念な準備を重ね、今回の大会に向けての気の入れようを感じさせてくれていました。

 

プレーオフ初日となった5日は、名古屋グランパスのeスポーツアンバサダーのミノ選手、インドネシアのeggsy選手に勝利し、2日目のWinners決勝に進出いたしました。

 

 

プレーオフ2日目となった6日は、Winners決勝でシンガポールのKun選手に勝利し、見事グランドファイナルへと進出。

 

そして迎えたグランドファイナル。Jay選手は、インドネシアのRRQEggsy選手と対戦。

2試合の総合計で最終的なスコアが決まる手に汗握る試合となりました。

最終戦の第1戦は2-1で先勝。

このまま流れを一気に掴みたいところでしたが、第2戦は後半アディショナルタイムまで2-3でリードを許す展開に。

しかし、後半アディショナルタイム、試合開始94分の終了間際にCKから得点を挙げ、3-3の同点!

 

 

最後まで得点の取り合いを繰り広げる熱いゲーム展開でしたが、この結果、2試合の合計5-4となり劇的勝利を収めたJay選手が東アジア王者に輝き、「FIFA eWORLD CUP」出場権を獲得しました。

 


 

8月にイギリス・ロンドンで開催予定の世界大会『FIFA eWorld Cup』、同月デンマーク・コペンハーゲンで開催される国別対抗戦のFIFA公式大会『FIFAe Nations Cup』に向けて、Jay選手の挑戦はまだまだ続きます。

引き続き、Jay選手およびSCARZ FIFA21部門への温かいご支援、ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

FIFA部門に所属するJay選手(@SZJay7)が2021年 「サッカーe日本代表」 に選出されましたことを此処にご報告致します。

 

サッカーe日本代表は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する国対抗の「FIFAe Nations Cup 2021」への出場を目指し、オンラインで行われる同大会のアジア予選「FIFAe Nations Online Qualifiers」に参加する予定となっております。
また、明日10日(水)には、「サッカーe日本代表 トレーニングマッチ」をJFA公式Youtubeチャンネル「JFATV」にて配信予定です。

 

Player: Jay

<FIFA19>
weekend League 30-0
eChampions League 世界大会 Best16

 

<FIFA20>
weekend League 30-0
eJリーグ オンラインチャレンジカップ 優勝

 

<FIFA21>
weekend League 30-0
East Asia Qualifier 1 優勝
eJリーグクラブチャンピオンカップ 優勝
eJリーグFUTチャンピオンカップwinners 優勝

 

画像提供: (C)JFA

 

❏リリース内容(JFA Official)
サイトはこちら

 

❏今後の活動スケジュール
3月下旬「FIFAe Nations Online Qualfiers」
4月上旬「FIFAe Nations Online Play-offs」
5月中旬「FIFAe Nations Cup 2021」

1月23日、24日に開催された「FIFA21 グローバルシリーズ eJリーグ Powered by ひかりTV」に川崎フロンターレ(@frontale_staff )の代表としてJay選手(@SZJay7 )が出場し、「クラブチャンピオンカップ」及び「FUTチャンピオンカップ」の両部門で優勝を果たしました。

 

奇しくもJay選手が大ファンの川崎フロンターレも昨シーズンで「Jリーグ」及び「天皇杯」を制しており、憧れのチームと同様に2冠を達成することができました。

 

 

<Jay選手コメント>
FIFA21が始まってから今までの、積み重ねてきたものが出せたから3冠を取れたと思いますし、eJリーグに関しては今年のフロンターレでは圧勝したい想いもあったので良かったです。
ただ、まだFIFA21シーズンのコンペティションはここからですし、課題もあるので、もっと良いパフォーマンスを出来るように取り組んでいきたいです。
そして、沢山練習相手になってくれたチームメイトのfantomさんに感謝したいです!

 


 

23日の「クラブチャンピオンカップ」では昨年に開催された「eJリーグオンラインチャレンジカップ」に続き2年連続での優勝となり、名実ともに日本王者の称号を得られたことは、選手の大きな自信に繋がったと感じております。

 

24日の「FUTチャンピオンカップ」では連日の戦いの疲れや別モードで行う環境の中、自チームの構築と戦略を含めて臨機応変に対応をすることができ、先の戦いへの手応えを感じられました。

 

 

 


 

先週の「FIFA21 Global Series East Asia Qualifier」優勝に続き、3冠を獲得したJay選手ですが、東アジア地区プレーオフ出場権を獲得しておりますので、来たるべき「eWORLD CUP」に向けて更なる躍進ができるよう引き続き邁進してまいります。

 

引き続き、SCARZ FIFA21部門への温かいご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

FIFA21 Global Series East Asia QualifierにFIFA部門からJay選手(@SZJay7)が出場し、見事優勝、アジア王者の座に輝きました。

 

 


 

Winners Bracketを順調に勝ち進み、決勝戦では鹿島アントラーズ所属のWeb Nasri選手(@Nasri121017 )との日本人対決に。

 

日本人対決の行方は、1試合目を持ち前の攻撃力で押し切ったJay選手、劣勢となった2試合目から逆境を跳ね返したNasri選手とも譲らず、延長戦へ。

 

延長戦も両者最後まで集中力を切らさず、続いたPK戦を制しWinners Bracketを優勝。

翌日のグランドファイナルへ進出を決定します。

 


 

グランドファイナルでは、LOSERS Bracketを勝ち抜いてきたRRQ所属のEGGSY選手と初戦以来再び相まみえる白熱の展開に。

 

Winners Bracketを勝ち抜いてきた自らのプレイスタイルを貫き通し、手に汗握る決勝の舞台で勝利をその手に掴みました。

 

 

 


 

次はeJリーグで優勝を目指し、更に邁進してまいります。

引き続き、SCARZ FIFA部門への温かいご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

2002年よりスタートし、今年で19年もの歴史を誇るサッカー番組『やべっちFC』のeスポーツ特番『やべっちeスポFC』にFIFA部門のfantom選手が出演!!

 

 

 

メインの矢部浩之さんに加えて三四郎チーム、東京ヴェルディの大久保選手、横浜F・マリノスの遠藤選手という豪華ゲスト陣。

 

今回はチームやべっちの一員として第1回やべっちeスポCUP優勝を目指して奮闘します!

 

波乱の展開の中、栄冠は誰の手に!?

 

6月27日(土)深夜1:30~
ぜひ、番組をご視聴ください!

4月10日、11日の2日間に渡って開催されたFIFA20『eJリーグ オンラインチャレンジカップ』の大会出場結果を此処にご報告致します。

 

eJリーグ オンラインチャレンジカップは、2020明治安田生命Jリーグと2020Jリーグ YBC ルヴァンカップの開催延期を受けて、Jリーグがエレクトロニック・アーツ社の『EA SPORTSTM FIFA20』を使用したeスポーツイベントとして開催が行われました。

 

SCARZからは下記2選手が予選を勝ち抜きチーム代表として出場致しました。
❏川崎フロンターレ代表 Jay選手(@SZJay7)
❏鹿島アントラーズ代表 fantom選手(@SZfantom)

 

 

同サイドでスタートしたfantom・Jayの両選手ですが、準決勝で因縁のSCARZ対決が実現致しました…。

 

双方譲らずの前後半、幾度と無くチャンスを創りながらも決定機を逃し、試合は延長戦へ。

 

延長戦はゴールデンゴール方式(先制した時点で決着)を採用。

 

1点の重みが増し、2人の緊張感も1秒1秒増していく中勝負を決めたのは…

 

延長前半23分、Jay選手の操る川崎フロンターレの小林悠選手が左サイドからゴール前に鋭く切り込む中村憲剛選手のパスに合わせてのシュート!

 

熾烈な争いを制し、決勝へと駒へ進めました。

 

決勝の相手は、ジュビロ磐田代表のにょにょ選手。
優勝候補の一角である鹿島アントラーズ代表のナスリ選手を制した勢いで、松本山雅代表のアグ選手を大逆転劇で打ち破り、快進撃で決勝へと駒を進めました。

 

決勝戦はにょにょ選手の勢いを維持したファーストシュートを決められ先制点を許したものの、解説も認める「おしゃれなパスからのおしゃれなゴール」で流れを掴み、3-1での大逆転勝利!!

 

中村憲剛選手もJay選手がゴールを決めた際に「うぉーーーーー!俺決めたーーーーーー!」と興奮の応援ツイートをしてくれるなどesports界隈だけでなくサッカー界隈も非常に盛り上がる結果となりました。

 

Jay選手

eJリーグオンラインチャレンジカップを優勝することができて、とても嬉しいです。
初めてのeJリーグ出場でJクラブ、それも自分の好きな川崎フロンターレを背負って戦えたことで今までにないモチベーションで臨めた大会でした。
チーム、選手、サポーターの方も応援してくださり夢のような時間でした。
また機会があれば嬉しいですし、これからも頑張っていきたいと思います。

 

各チームや選手、サポーター、ファンの皆様が放送でのコメントやTwitterなど様々な方法で大会を盛り上げてくださいました。
大会運営の皆様も勿論、全ての皆様にこの場をお借りして改めて御礼申し上げます。

 

Jay選手の優勝時インタビューのように『もっとFIFAとJリーグを盛り上げていけるよう』今後も邁進してまいります。
引き続き、SCARZ FIFA部門への温かいご支援、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

SCARZ FIFA部門に所属するfantom選手がこの度『サッカーe日本代表』に選抜されました!!

 

 

fantom選手
サッカーe日本代表に選ばれたことを、大変光栄に思います。
FIFA20シーズンは個人で世界大会に一度出場しました。
結果は悔しいものでしたが、その経験を力に変えて日本のeスポーツシーンのためにベストを尽くします。

 

❏リリース内容(JFA Official)
https://www.jfa.jp/news/00024788/

 

❏今後の活動について (JFA公式ページより)
サッカーe日本代表は、今後「Sports assist you ~いま、スポーツにできること~」やチャリティイベント(予定)への参加を計画しているほか、国際大会に向けての強化やeスポーツの普及など、様々な活動に取り組んでまいります。

 


 

日本代表に選ばれたことに誇りを持ち、選手・スタッフ一同積極的に活動へ取り組み、国際大会でも結果を残せるよう尽力して参ります。

 

今後の進展に関しましてもJFA eスポーツ・サッカー公式アカウント及びSCARZ公式より告知を行ってまいります。

 

引き続き、SCARZ FIFA部門への温かいご支援、ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

1月25、26日の2日間にかけて開催された『FIFA20 Global Series(FGS) FUT Champions Cup Stage Ⅳ Qualifier』。

 

SCARZ FIFA部門所属のfantom選手が本大会のXbox部門の予選に出場し、自身も約2年半振りとなる世界大会出場の快挙を達成致しました。

 

 


 

今回fantom選手は前日からゲーミングハウス入りをして、翌日の試合に向けてのセッティングなど入念な準備を重ね、今回の大会に向けての気の入れようを感じさせてくれていました。

 

予選初日となる25日の『APAC XB1 SWISS BRACKET』はRound5までの全5試合の総計で翌2日目への進出者が決定する方式です。

得点の取り合いを繰り広げるゲーム展開が多かったものの、平均3.2点の安定したフォーメーションでの攻勢が巧く作用し、唯一の予選5戦全勝で2日目への進出を決定致しました。

 

対する予選2日目はダブルイリミネーション方式のトーナメントとなり、前日トップ通過のfantom選手はRound1のシード権を持ちRound2からの出場となりました。

 

前日の勢いをそのままに臨みたかった初戦ですが、対戦相手とのリズムが上手く噛み合わず、1-4で敗北を喫しまさかのLosers Bracketへの移行となってしまいました。

 

 

しかし、そこで落ち着きを取り戻したのかLB Round3からは堅守を軸に決定的なチャンスを獲得しLB Round5までを順調に勝ち進み、見事Losers Final(LB Round6)への進出を果たします。

 

迎えたLosers Final…
この対戦で勝利した選手がParisで行われる世界大会への出場権を手にします。

 

2試合の総合計で最終的なスコアが決まる手に汗握るLosers Final。
1試合目は緊張感の中相手に上手く試合展開を運ばれ0-1の僅差で敗れ、後がなくなった2戦目に賭けることに。

 

fantom選手自身も試合後に『自分でも自信をもって上手く決めることができた』と語ってくれた2試合目の先制点で流れを一気に掴み、後半終了間際に決勝点となる2点目を決め、合計2-1でLosers Finalを制し、自身4回目となる約2年半ぶり世界大会出場を勝ち取りました。

 

 

FUT Champions Cup StageⅣ Qualifier -Battlefy-

 


 

2月21日~23日に開催されるFUT Champions Cup本戦に向けて、そしてその先にFIFA eWorld Cupを見据えて、fantom選手の挑戦は続きます。

 

次大会の詳細等は改めて公式HP及び公式Twitter等で告知致します。
引き続き、SCARZ FIFA部門への温かいご支援、ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

Jay選手のSCARZ FIFA部門への再加入を此処にお知らせ致します。

 

『あの男』がSCARZに帰ってきた…

 

オンラインシーズン戦138戦無敗の前人未到の記録を達成し、若干17歳にしてFIFA16で日本一の称号を獲得した天才プレイヤー…

 

 

伝説を残した男がSCARZに再び舞い戻り何を魅せてくれるのか…

 


 

《戦績》
❏第1回日本eスポーツ選手権大会 優勝
❏FIFA INTERACTIVE WORLD CUP 2016 オンライン予選 76連勝
❏FIFA16 Tokyo GP 優勝
❏FIFA16 サルバトーレ杯 優勝
❏FIFA16 世界大会(FIWC)オンライン予選3rd 国内トップ
❏FIFA19 Weekend League 30-0
❏FIFA19 eChampions League 世界大会 Best16
❏FIFA20 Weekend League 30-0

 


 

今後の大会等の参加に関しては改めてご報告致します。
引き続き、SCARZ FIFA部門への温かいご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。