Logicool G CUPは株式会社ロジクール主催による、日本でのe-sports普及のため①プレイヤーの裾野拡大、②コミュニティの活性化、③チーム結成の促進を目的とした、日本のe-sportsオーガナイザー4団体の参画によって各コミュニティを集約する国内最大規模のLeague of Legendsを使用した大会です。会場はなんとTOKYO GAME SHOW 2015。

我々SCARZはJCG予選の代表としてLogicool G CUPに出場いたしました。

 

1日目 準決勝

SCARZ VS バオウザケルガ

SCARZ pick

TOP Nova選手:Gnar,Riven

JUN Terette選手:Rek’Sai

MID Broooock選手:LeBlanc,Ahri

ADC Farron選手:Vayne

SUP ShiRa選手:Braum,janna

 1戦目は序盤Jungle Terette選手のgankから有利を取るも相手のエンゲージ構成に集団戦で破れ劣勢になる。流れを変えたのはMIDレーナーBroooock選手。ネクサス前でエースを獲得し、その後も相手をアサシンの名のごとく暗殺することで相手の攻めのリズムを崩し、最後は相手がバロン周辺に戦っている最中にBOTレーンから試合を終らせた。

 2戦目は静かな立ち上がりで若干SCARZのまま40分を越えるゲームになる。MIDの集団戦で破れ、MIDのインヒビターを割られてしまう。そのままBOTのインヒビターも割られ、バオウザケルガはTOPへ向かう。最後のインヒビタワーも割られ、バオウザケルガに当たられるが、Carryが生き残こることに成功し、見事逆転勝利を収めた。

 

2日目 決勝

SCARZ VS DeToNator

SCARZ pick

TOP Nova選手:Darius,Riven

JUN Terette選手:Rek’Sai,Zac

MID Broooock選手:LeBlanc,Azir,Varus

ADC Farron選手:Ashe,Vayne

SUP ShiRa選手:Kennen,Braum

 1戦目は序盤有利を取られるもドラゴン前の集団戦でNova選手が操るDariusが活躍し、エースを取ることに成功。その後の集団戦もADC Farron選手のAshe、ShiRa選手のKennenが活躍し有利を取り続けるが、TOPの集団戦で相手にエースを取られバロンを取られてしまう。TOPのインヒビターが割られドラゴン周りの集団戦で破れ惜れそのままggとなった。

 2戦目はDeToNatorの隠し玉MID Yasuoをpickされ、序盤から相手にかなり有利を取られる厳しい展開。流れを変えるためにBOTでどうにか集団戦を仕掛けようとするも、AsheのUltをYasuoのWind Wallで防がれてしまい、カウンターをもらいエースを取られてしまう。バロン周りの集団戦で、1kill先取するもそこからエースを取られてしまい、そのままMID、BOTのインヒビターを割られ、DeToNatorが2勝目をGetした。

 3戦目もDeToNatorのEliseに序盤のゲームを作られてしまう。何とか返したいSCARZは相手がBOTレーンで長く居座っているのを見て一気に仕掛け、ドラゴンを獲得することに成功。しかし、その後すぐに集団戦をすることなくバロンを獲得され、MID、TOPインヒビターを取られてしまう。BOTのインヒビタワーで最後の集団戦も相手に上手くディスエンゲージされSCARZのLogicool G CUPは準優勝という結果になった。

今回は初めてのオフライン大会だったが準優勝と奮闘したSCARZ

次回はさらなる高みを目指す。