11月2日よりFIFA部門のfantom選手が「ESWC PGW FIFA18 Challenge」に挑戦しておりました。


本戦にはPS4とXBOX合わせ8名が招待されており、残りの32人の参加権を賭け128人がオフライン予選に挑戦しました。

fantom選手はPS4グループ2での予選となり32人中上位4名に入れば本戦出場となる予選に挑みました。
世界各国から実力者が集う非常に厳しい戦いでしたが、アジア人として唯一の予選突破となり、後日の本戦へ挑みました。

本戦は、PS4とXBOX共にグループ1~4の各5名の戦いでした。
fantom選手はPS4のグループ1に配属され、総当り戦の末、2勝1敗1分となりグループ予選を突破し、グランドファイナルを目指すトーナメントへ進出いたしました。


トーナメント第1試合は、世界チャンピオンに2度、今年のFIFAの世界大会で2位となっている好調のドイツ人選手・Detoとの戦いでした。

トーナメントの試合はお互いの選手がホームアウェイでの2試合を戦い、合計スコアでの勝負となります。

第1戦は1-0のスコアとなりfantom選手が勝利し、第2戦に臨みました。
引き分けでもトータルスコアでの勝負ですので勝利となりますが、次戦への弾みをつける為に気持ちよく勝利したいところでした。
しかし、相手は今年好調の選手ということで気持ちよく勝利とはなりませんでしたが、1-1の引き分け、トータル2-1のスコアでトーナメント第1試合を突破しました。


トーナメント第2試合は、今年の世界大会3位とこちらも好調のドイツ人選手・Codyとの戦いでした。

第1試合から日付が代わり、朝一での試合ということも響いたのか、第1戦が5-1で大量にリードされ、第2戦へと希望を託します。

第2戦の最初はリードをしていたものの、Codyが第1戦の勢いそのままに逆転し、3-2のスコア、トータルでは8-3と敗北してしまいました。


日本から遠く離れたフランスで世界の名だたる選手と相手に戦ったfantom選手は、ESWCからフェアプレー賞を頂くことが出来ました。

時差の関係もあり、日本時間深夜帯の配信や情報の発信となりましたが、多くの方からの応援を頂けましたことが、fantom選手の今回大会のBest8、フェアプレー賞に繋がったと思います。

まだまだFIFA18は始まったばかりですので、今後も応援していただけますよう、喜ばしい結果をお伝え出来るよう、練習を重ねてまいります。

今後もFIFA部門fantom選手への応援よろしくお願いいたします。