SCARZのMIDとして LJL CS 2016 Spring Split 参戦していたSearch選手のご報告になります。

 

2016年4月上旬にElo Boosting行為をチームに入る以前にしていた事が発覚しました。

本日その結果が発表され、チーム一同その内容を受け止めております。

チームに入る以前の問題だとしても、チームとして過去の調査/管理不足が原因で起きてしまった内容となります。この内容を重く受けとめ、 運営様、スポンサー様、多くの関係者の皆々様方 に心よりお詫びを申し上げます。

 

今回の事件につきましては、本人も深く反省をしております。

後日、本人から謝罪がございますので、そちらもご覧いただければ幸いでございます。

SCARZはLJL一部に向けて、選手とコーチは今もトレーニングを精一杯頑張っております。

SCARZはSearchだけのチームではなく、一人一人の力が合わさって勝利する事が出来るチーム作りを目指していきます。そしてそれがLeague of Legendsだと存じております。

今以上に良い成績が出せるチーム作りをして参ります。

改めて、今後このような事が起きぬよう、調査/管理に更なる力を入れて再発防止に取り組んで参ります。

チームに対しまして、尚一層のご指導を賜りますよう、伏してお願い申し上げます。

 

2016年5月6日
SCARZ 代表 友利 洋一

 

※追記  5/6※

Search選手より

 

Scarzを応援してくださった皆さんに。
それと日本のLJL大会に関心を持っている皆さんに
本当に申し訳ありません。

私はelo boostというダメな事をして、問題を起こしました。
今回の処罰はしっかり受け止めます。

一緒に頑張ってたScarzの皆さん、応援してくださったファンの皆さん、大会を見る視聴者さん、LJLやRiot JPの関係皆さん、スポンサーさん本当にごめんなさい。

外国人として日本の大会に参加して、問題を起こして皆さんに心より謝罪します。本当に申し訳ないです。
深く反省しています。

もし、次のシーズン帰ってこれたときは、皆さんにまた見てもらえるような選手に成長して戻ってきます。

※Twitterでの 選手本人 の声明と同内容を追記しております。

2016年5月6日
Search