LOL部門が、4月27日より中国浙江省金華市で開催される「第四回義鳥国際電子競技大会/International E-Sports」(以下、IET)のエキシビジョンマッチに招待出場することとなりました。

IETとは・・・?

 

esportsプロ選手同士の交流の機会をより多く設ける為に始まった大会です。
様々なゲームに触れる機会があり、中国国内の有名esports選手がイベントに参加する他、コスプレイヤーも来場し、日本でいう東京ゲームショウの様なイベント要素も多くあります。

第四回となる今年は、League of Legends、Overwatch、Hearthstone、King of Gloryの大会が行われ、
League of Legendsの優勝チームには賞金15万元(約240万円)が贈られる、中国の中でも、非常に大きな大会となります。
また今年は、LPL(中国LOLリーグ)に所属する、Team WEやEDward Gamingも出場しますので、非常にハイレベルな大会となるでしょう。

SCARZは、賞金をかけたトーナメントへの出場ではなく、LOLのイベントマッチで勝利した中国チームとエキシビジョンマッチをいたします。

今回、中国へ行く選手は以下の通りとなります。

  • Search・・・JG
  • Mei・・・SUP
  • Roki・・・MID
  • nororin・・・ADC

※Roki選手については、運営等に了承をいただいております。

そして最後のロールであるTOPは誰が務めるのか

 

ArfoadがIETにて、一日限りSCARZへ復活いたします。

 

このような大きな大会へご招待して頂けました事、非常にありがたく思いますし、Arfoadの引退試合と出来る事も凄く嬉しく、感慨深いものがございます。

 

IETでは、優勝した中国チームの胸を借りるつもりで全力で戦ってまいります。

そして、Arfoadの選手としての最後を華々しく飾ることが出来るよう、頑張ってまいります。