4月16日から開始されておりました「Japan Dota Cup 2016 Season 1」の決勝戦が4月24日におこなわれました。

SCARZは一度負けてしまったものの、ダブルイリミネーション方式での大会であったために、ルーザーズブラケットからの勝ち上がり、そして優勝を目指して予選を戦ってきました。

 

そして4月24日に、ウィナーズブラケットを勝ち進んだ「jpndotarejects」との決勝戦に臨みました。

両チームとも、決勝戦への進出が初めてということで、お互いのチームが優勝への思いは並々ならぬものであったと思います。

 

第一試合はSCARZが獲るものの、第二試合、第三試合とjpndotarejectsが獲得し、優勝したのはウィナーズブラケットを勝ち上がった「jpndotarejects」となりました。

第一試合は、お互いがキルを獲得するようなシーソーゲームになりましたが、第二試合、第三試合と非常にスピーディーな試合展開となりSCARZとしては課題が見えた大会になったのではないでしょうか。

今回の大会はSCARZは残念ながら優勝することは出来ませんでしたが、今後Dotaシーンを盛り上げるべく

、一層の練習を積み重ね、皆様に良いご報告が出来る様努力してまいりますので、DOTA部門の応援よろしくお願いします。

 

**今回の大会に際して**

主催:JapanDOTA.com様 → HPはこちら

協賛企業:Mionix様 → HPはこちら

 

**外部サイト**

アーカイブやトーナメント表はJapanDOTA.com様のこちらのページをご覧ください→ここをクリック

Negitaku.org様のページにも詳しい試合展開等、まとめられておりますのでご覧ください→ここをクリック