今回ご紹介する内容は、「CS:GOをプレイしやすくしよう」ということで、ゲーム内の見た目や設定を変えていきましょう。


 

皆さんは、CS:GOのクロスヘアは変更されていますか?

一番最初はこの2枚の様なクロスヘアになっていると思います。

 

この2枚でも大きな違いがあり、好みが分かれます。

クロスヘアの違いで撃ちやすくも、撃ちにくくもなります。
大会の配信では、配信をされている方が設定したクロスヘアになってますので、選手は全員同じ様に見えますが、実際は選手個人個人により大きく異なります。

一番オーソドックスなのは、緑色のクロスヘアでしょう。様々なFPSゲームにおいて緑色のクロスヘアが初期設定となってたりします。

水色もそれに次いで設定されている方が多い色だと思います。

その他にも画面全体にクロスヘアを表示させたり、一風変わったクロスヘアを設定している方もいらっしゃいます。

 

これまでのはクロスヘアという名前の通り、クロス=十字をいくつか紹介しましたが、クロスヘアなのにクロスさせていない方もいらっしゃいます。

四角のクロスヘア(スクエア)だったり、点のクロスヘア(ドット)

本当に多種多様、プレイされる方が一番しっくり来る設定にされています。

 

このクロスヘアを簡単に設定できる、試せるマップ(ワークショップ)が公開されています。


(※上の画像をクリックするとワークショップページに飛びます)

 

本当に便利で見た目もすぐに変えてくれる、試し打ちも出来る凄い代物です。

ワークショップページに行き、サブスクライブを押してダウンロードしましょう。

こんな風に追加されていれば大丈夫です。

では、早速このマップをプレイ・・・の前に設定を確認してくださいね。

オプション→ゲーム設定を選び、開発者コンソールを有効にするの項目を「はい」にしておいてください。(念のためです)

 

先程ダウンロードしたマップをプレイすると、目の前にこんな画面が出てくると思います。
すごく簡単ですが説明を付け加えましたので御覧ください。

左を向けば、カラーパレットが並んでいますね。これはクロスヘアの色変えてくれます。お好みの色にしちゃいましょう。

後ろを向けば、海外のプロ選手のクロスヘア設定がズラーーーっと並んでいます(情報が古い可能性が大いにあります。

このクロスヘアを打てば、その選手と同じ設定になります。

様々な選手のクロスヘアを見たり、試し打ちをしたりしながらお好みのクロスヘアを見つけてください。

もしかすると、試合をするよりも「どんなクロスヘアにしようかなぁ、赤も良いし、めちゃくちゃ大きいのも面白いかも」なんて試行錯誤してる間が一番楽しいかもしれません。

そしてご自身がしっくり来るクロスヘアになったら、最初の窓の右側にこんなパネルがあると思います。

この「Share Crosshair」をバンッと打ってみてください

 

そうすると次のような「コンソール」というのが表示されましたか?

このピンク色で書かれた文字全てが、今ご自身で設定したクロスヘアの内容になります。

ピンク色の部分を全てドラッグで選択し、キーボードのCtrlキーとCキーを押し、コピーしましょう。

 

コピーをし終えたら、前回の記事で作った【autoexec.cfg】に貼り付けちゃいます。
ただし、適当に貼り付ければいいわけではないので、ご注意ください。

貼り付ける場所は、//おまじない1 と //おまじない2 の間です
(前回の内容より、おまじない1の数値に変更点、追加項目がございます。第3回の内容も修正してますので、再度ご覧いただければと思います。)


 

//おまじない1
cl_interp “0”
cl_interp_ratio “1”
cl_interpolate “1”
cl_lagcomp_errorcheck “1”
cl_lagcompensation “1”
rate “786432”
cl_cmdrate “128”
cl_updaterate “128”
snd_mixahead “0.025”
fps_max “300”
cl_smooth “1”
cl_smoothtime “0.01”
cl_disablefreezecam “1”
cl_autowepswitch “0”
cl_teamid_overhead_always “2”


//クロスヘア内容
cl_crosshairstyle “5”
cl_crosshaircolor_r “0”
cl_crosshairsize “4”


//おまじない2
host_writeconfig

 


こんな感じで、先程コピーしたものを貼り付けましょう。

貼り付けたら、上書き保存をしてくださいね。

 

保存が完了したら、次からCS:GOを起動しても先程設定した内容になっているはずです!

お好みのクロスヘアでCS:GOを楽しみましょう!GLHF!!

 

では何故このワークショップで済ませるのではなく、前回の記事で【autoexec.cfg】を作成し、今回のクロスヘアの内容をココに追加したのか・・・。

これは次回の記事のお楽しみということで。

次回のCS:GOコラムは、【第5回】CS:GOをプレイしやすくしよう!alias編 お楽しみに!!