5月19日~20日に『FACEIT Major 2018 Asia Minor East Asia Open Qualifier』が開催されました。

本大会に出場したSCARZ Absoluteは、準決勝戦で日本チーム「Ignis」、決勝戦でモンゴルチーム「TheMongolz」に勝利し、7月16日~20日にイギリス・ロンドンで開催される『FACEIT Major 2018 Asia Minor』への出場権を獲得いたしました。

会場は収容能力82,000と非常に大きく、ラグビーの聖地と呼ばれる「Twicknham Stadium」にて開催となります。

またSCARZ Absoluteが出場する『Asia Minor』だけでなく『Europe Minor』『Americas Minor』『CIS Minor』も同時に開催され世界各国から32チームが一堂に会しMajor大会への切符を争います。


『Asia Minor Championship』は非常に重要な大会となりますので、簡単ではありますがご説明させていただきます。

 

①大会名に入っているMinorって何?

CS:GOでは年に2~3回(ここ数年は年に2回)の公式大会があり、その大会はCS:GO運営元のVALVEがMajorとランク付けをしています。そのMajor大会に通ずる大会がMinor大会となります。 今も活躍されているスタープレイヤー、スターチームは全てMinor大会を経てMajor大会へ出場したことからMinor大会であっても注目度は非常に高くなっています。
世界最大のCS:GO情報サイトHLTV.orgでも『Asia Minor Championship』にSCARZ Absoluteが出場する内容の記事が挙がっております→記事
SCARZ Absoluteも様々な大会に出場してきましたが、運営元のVALVEが認定する公式大会は、この年2回開催のMajor大会のみとなってます。

 

②Majorは何が凄いの?

Major大会の成績上位8チームがLegend、9位-16位のチームがChallengerと公式にランク付けされます。

 このLegendやChallengerにランク付けされたチームはゲーム内でチームロゴや選手のサインステッカーが実装されます。

そして一番大きい恩恵は、予選を戦わずして次回のMajor大会へと出場が出来ることです。このLegendやChallengerのランク付けをする公式大会は2014年より始まり13回が今までに開催されております。

SCARZ Absoluteが『WESG 2017』で戦った「Cloud9」(現Legend)は過去にLegendが3回、Challengerが1回。「Fnatic」に関してはLegendから陥落したことがありません。

Major大会はこのように大きな舞台、多くの観客の前で試合が繰り広げられます。

 

③SCARZ Absoluteはこれからどの様に大会に参加していくの?

7月16日より開催される『FACEIT Major 2018 Asia Minor』に出場いたします。

この大会は全8チームが参加し、その内2チームは前Major大会に出場した事により招待、残り6チームはSCARZ Absoluteと同じく各予選を勝ち抜いて参加いたします。

『Asia Minor Championship』にて上位2チームに入ることが出来れば、Major大会『FACEIT Major London 2018』へと出場することが出来ます。

Major大会に出場する事が出来れば、恐らく次回のAsia Minor Championshipへ招待出場が出来ると思われます。


 

簡単ではありますが、ご説明させていただきました。冒頭で述べたように重要な大会という理由が少しでも分かっていただけたら幸いでございます。

Major大会へ出場する為には『Asia Minor Championship』にて上位2チームに入らねばなりません。

選手、コーチ、そしてSCARZチーム一丸となり『Asia Minor Championship』へ向けて邁進してまいりますので、応援のほどよろしくお願いいたします。